インプラント治療、審美治療をお探しの方 山口県山口市中心商店街 どうもんインプラントセンター MKデンタルオフィス

083-995-0118

山口市道場門前1丁目1-18どうもんパークビル2F

Dental CT

歯科用CT


歯科用CTとは

コンピュータを使い患部の断層画像を得られる装置です。通常のレントゲンとの違いは平面での画像のみではなく、立体的な画像を得られるようになり、高精度な診断が可能になりました。

当院の歯科用CT椅子に座った撮影ができ、安定するため、お子さんや高齢者の方でも撮影が行いやすいです。
また通常の歯科医院で多用されるパノラマレントゲンと被ばく線量は、ほぼ同程度なため医科用CTと比べ、身体への負担が軽減します。

歯科用CTの被ばく線量

歯科用CTのメリット

メリット

  1. 撮影から診断まで院内で即日に行えます。【一部保険適用可】
  2. 通常のレントゲンでは見られない骨の内側や神経・血管の位置がわかります。
  3. 二次元的な平面診断から、三次元的な立体診断で、病変部位や範囲をより正確に把握できます。

などがあげられます。

各治療と歯科用CT

歯科用CTを使用することによって、より高度な診断ができ、迅速な治療計画の立案が可能になります。

インプラント

インプラント治療の場合は、顎骨の精密な形態や主要な神経・血管の走行の把握・副鼻腔炎の状況を確認が必須となります。これらの診査・診断に今や欠かせないツールです。
また埋入予定のインプラント術前シミュレーションも可能です。

副鼻腔炎

副鼻腔炎治療の場合は、副鼻腔の形態や上顎洞底粘膜の腫れの度合い、根尖病巣との関連性の診断に使用します。場合によっては、耳鼻科と連携し、治療をすることがあります。

山口県済生会山口総合病院 耳鼻咽喉科

歯根破折診断

歯根破折診断の場合は、通常のレントゲン画像では原因箇所が映らないことが多く、確定診断のために、最も有用で必要な検査方法です。

歯周病診断

歯周病診断の場合は、立体的な歯根周囲の顎骨形態を正確に把握できるため、治療計画の立案や実際の治療において役立ちます。