インプラント治療、審美治療をお探しの方 山口県山口市中心商店街 どうもんインプラントセンター MKデンタルオフィス

083-995-0118

山口市道場門前1丁目1-18どうもんパークビル2F

Caries treatment

むし歯治療


自覚症状が無い場合や、見た目に異常が無い場合でもむし歯は徐々に進行していきます。 また、1度治療した歯の歯根に膿がたまったり、詰め物の下から2次的なむし歯が発生している場合もあります。

初期段階の治療は歯を削ったりしないので痛みもなく、その日のうちに治療が終わり負担も少なくて済みます。 定期検診で早期発見を心がけましょう。

段階別むし歯治療法

むし歯治療はむし歯の進行程度やむし歯の場所によって異なります。もちろん早期の治療開始が歯へのダメージも少なくて済みます。

むし歯の進行段階と治療
C0 初期のむし歯。歯磨き指導およびフッ素塗布を行い、経過を観察します。
C1 エナメル質に限局したむし歯。 部分的に削って充填します。
C2 象牙質まで達しているむし歯。 部分的に削って充填します。
C3 神経まで達しているむし歯。
神経を取り除き、全体に覆いをかぶせます。
C4 ひどい時は抜歯が必要な場合もあります。

麻酔の際にはできるだけ痛みが出ないよう配慮いたします。注射をする部分の歯茎に表面麻酔をすることで注射の痛みを和らげることができます。

CR(コンポジットレジン)充填

当院では、見た目や患者さんの来院回数に配慮し、近年ではできるだけ金属を使わない修復を行うようにしています。(コンポジットレジン充填) 金属アレルギーの患者さんはもちろんのこと、できるだけ金属を使用しないことでナチュラルな色調を再現できます。 また、従来使われていたアマルガム(水銀合金)がお口の中に残っていた場合、積極的に除去し、白い詰めものに交換にすることをおすすめしています。 奥歯や咬み合わせの状況によっては、保険治療での即日充填が困難な場合がありますので、詳しくは医師またはスタッフにご相談ください。

※治療写真については、患者さんに掲載の許可を頂いております。

治療済の歯

一度治療した歯でも、歯根に膿がたまったり、詰め物の下から2次的なむし歯が発生している場合は再治療が必要です。自覚症状がない場合も多いため定期的な検診がおすすめです。

むし歯治療の豆知識

治療にいらっしゃる患者さんから「どうして一度治療した歯なのに痛くなったりむし歯になったりするのですか?」と質問を受けることがあります。
その理由は、修復した部分の「修復物」と残してある歯質には大なり小なり段差が存在します。
その段差は一見存在しないように見えますが、顕微鏡レベルでみるとかなり大きな段差として存在します。そして、むし歯や歯周病の発生要因であるバクテリアたちも顕微鏡レベルの小さな微生物なのです。したがって修復したところほど丁寧なブラッシングを心掛けておかないとむし歯や歯周病にかかりやすくなるのです。

修復したところほど一生懸命みがく必要があるのと、こまめなメンテナンス受診が最も効果的な予防法だといえます。当院では3カ月ごと(年4回)のメンテナンスを患者さんにお勧めしています。

→ 予防歯科のページへ