インプラント治療、審美治療をお探しの方 山口県山口市中心商店街 どうもんインプラントセンター MKデンタルオフィス

083-995-0118

山口市道場門前1丁目1-18どうもんパークビル2F

Denture

義歯(入れ歯)


義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)とは、失ってしまった歯を補うための、自分で取り外しできる人工的な歯です。

総義歯(総入れ歯)と部分義歯(部分入れ歯)

「総義歯(総入れ歯)」は、すべての歯を義歯(入れ歯)により補います。人工の歯とプラスチックでできた人工の歯茎を顎全体で支えます。 「部分義歯(部分入れ歯)」は人工の歯とプラスチックでできた人工の歯茎を金属のバネ(クラスプ)で残った歯にかけて安定させるもので、欠損が1本だけの場合から、歯が1本しか残っていない場合まで対応できます。 どちらも保険適応ですが、その場合義歯の素材が限られます。 より審美性や着け心地を求める方にはお好みのカスタムメイドの「自費入れ歯」をおすすめいたします。

治療の流れ

治療の流れはおおよそ、以下の通りに進みます。

  • 相談・カウンセンリング
  • 型取り
  • 咬み合わせの高さや顎の位置決め
  • 人工歯を並べた状態で試着
  • 義歯完成
  • 調整
  • 定期健診

週1回通院していただき、およそ1ヶ月半で完成します。工程によっては、治療期間が短縮できる場合もあります。治療期間等のご相談は、カウンセリング時にご相談ください。

保険を使った義歯治療例1(50代女性)

カウンセリングと口腔内検査・模型分析の結果、旧義歯の歯ならびと咬み合わせの高さの不正、リップサポート(唇の豊隆)の不足がわかりました。補正のため、正しい基準となる入れ歯作成と、それに咬み合う差し歯を作成し改善を図りました。

旧義歯(上顎)は歯ならび(点線部分)が大きくわん曲していますが、術後は正しい咬み合わせに回復しています。

この結果、咬合関係(咬み合わせ)の回復ができ、見た目(審美性)も同時に回復できました。

保険を使った義歯治療例2(60代女性)

保険を使った義歯治療例3(70代男性)

正しい咬み合わせを回復させることで、顎の関節の不調や頭痛も治る場合があります。高すぎる咬み合わせ、または低すぎる咬み合わせによる不調を訴える患者さんはたくさんいらっしゃいます。
義歯でお困りの際はカウンセリングさせていただきますので一度ご相談下さい。

※治療写真については、患者さんに掲載の許可を頂いております。

ブリッジとの違い

この項目は、保険治療での場合の比較であり、自費治療素材使用の場合はこの限りではありません。(下記の「自費入れ歯」の項をご覧ください。)

メリット ・歯を削る量が少なくて済む
・義歯床の形態を調整することで、失った顎骨形態も回復できます。これにより失われた口元のハリを復元できます。
デメリット ・金属のバネに違和感がある(保険治療の場合)
・前歯付近にバネをかける場合、金属のバネが見えてしまい審美性が劣る(保険治療の場合)

→ クラウン・ブリッジについて

インプラントとの違い

メリット ・外科的処置がいらない(注※1)
・費用負担がインプラントと比べ少ない
デメリット ・咬むと動くため、硬いものを食べにくい場合が多い。
・人工歯以外にバネや床の部分もあるため、違和感が大きい

注※1:顎骨の極端な凹凸により義歯作成が困難または義歯装着後に痛みが発生すると予測された場合は、外科的処置が必要な場合があります。
詳しくは医師またはスタッフにご相談ください。

自費入れ歯

金属床義歯 義歯床の厚みや形態を薄くしたり小さくしたり軽くできるため、保険義歯よりも快適な装着感を得ることができます。また充分な強度も得られます。
ノンクラスプ義歯 保険義歯の欠点として、残存歯に金属のバネをかける必要があります。特に前歯にバネをかける場合、見た目(審美性)が気になる場合があります。
ノンクラスプ義歯とは、金属のバネ部分を特殊な樹脂素材で作り、歯ぐきと同じ色でバネを作成します。
これにより見える部分の金属がなくなり、見た目が自然になります。
シリコン義歯 保険義歯は硬い材料で歯ぐき部分を作成しますが、シリコン義歯では義歯の裏面を柔らかいシリコン素材でコーティングするため、骨と入れ歯があたって痛いという悩みを解消できます。
また保険義歯と比べ、義歯の吸いつき度がアップします。
その反面、若干厚くなってしまうというデメリットがあります。

※ケースによっては応じられない場合もございますので、医師またはスタッフにご相談ください