インプラント治療、審美治療をお探しの方 山口県山口市中心商店街 どうもんインプラントセンター MKデンタルオフィス

083-995-0118

山口市道場門前1丁目1-18どうもんパークビル2F

Hyperesthesia

知覚過敏


知覚過敏とは

むし歯がないのに歯がしみたり、痛い。
そんな経験はありませんか?

冷たいもの、あるいは酸味が強いものを食べるとしみる、歯ブラシの毛先が触れると痛い。という方は知覚過敏かもしれません。

知覚過敏の特徴

知覚過敏の特徴は下記のようなものがあります。

よくある症状

  1. むし歯がないのに歯がしみたり、痛い
  2. 歯の根元がえぐれている
  3. 歯の根元が露出している
  4. 歯の表面に亀裂が生じている

などがあげられます。

知覚過敏が起こる仕組み

知覚過敏が起こる仕組みは、歯の表面部分のエナメル質が何らかの原因で傷つき、削れてしまうことにより、象牙質が出てくることによって、象牙質にさまざまな刺激が加わって、象牙細管→歯髄神経→脳へと刺激がきて、歯がしみる症状へと繋がります。(下図参照)

知覚過敏の治療方法

歯の根元が露出している場合は、専用の薬剤を塗布したり、レーザー照射をします。
一度の治療では効果が出にくいため、複数回、治療を要する場合が多いです。

歯の根元のえぐれが大きく深い場合は、コンポジットレジン充填を行う場合もあります。
歯の修復を要する場合は、夜間のくいしばり・歯ぎしりとの関連も深いため、ナイトガードの併用が必要な場合があります。
あまりに知覚過敏が強く、痛みに変化することもありますので、気になる場合はお早めに受診をおすすめします。

CR(コンポジットレジン)充填

  • 歯科用炭酸ガスレーザー

  • 薬剤塗布


    ※画像はイメージです。

※治療写真については、患者さんに掲載の許可を頂いております。